2018年11月22日

猫の幸せって?



こんにちは、にゃんこです。

私の家の近所には、いろいろな猫がいます。
飼い猫もいれば、ごはんだけもらっている「半」飼い猫の子。
どこからもごはんをもらえず、何とか生きているお外の子。

よく見る猫には、家族で名前を付けています。

うちの猫の「ちゃいろ」にそっくりな子は「そとちゃいろ」
(別の家では、いろいろな子の父親だということで「お父さん」と呼ばれている)。

真っ黒で、もじゃもじゃな毛をしているから「もじゃ」。

お向かいのおうちの「さくらちゃん」に似ているから「こざくら」。

お外の子ではありませんが、同じマンションの子のお名前は
「にゃんこ先生」。

名前をつけたり、呼んだりするのは楽しいものです。

さて、いつも思うことなのですが、猫って、ずっとおうちの中にいるのと、
おうちとお外を行ったり来たりするのと、ずっとお外で自由気ままに暮らすのは、
一体、どれが幸せなのでしょうか?

うちの子たちは、今はずっとおうちにいるのですが、ずっと前は、
おうちとお外を行ったり来たりでした。

でも、外には危険がいっぱい。
獣医さんも、外に出すのはいけないと言います。
病気をもらってくる可能性もあります。

それでも、うちの子たちが、お外の子たちを窓から見ていると
羨ましそうに見えるんです。

考えても、答えは出ません。

ただ、大切なのは、今飼っている家族であるこの子たちの
一生を全うするまで責任をもって、大切に、一緒に暮らしていくことだと思います。

それが、家族である子たちの幸せにつながるのだと思います。


写真は、ベランダから身を乗り出して外を見るうちのちゃいろと、にゃんこ先生。

IMG_4866.JPG




今後ともドンマイを宜しくお願いします。




ハンドメイド部バナーおくすり手帳カバー


゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*。,。*゜

株式会社 精神医療相談室ドンマイ
ホームページ
Twitter
ブログトップ
Dr.川谷ブログ
おくすり手帳カバーのドンマイ
ハンドメイドマーケット minne(maimai-owl'S GALLERY)
posted by どんまい at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185011502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック