2018年12月13日

娘への甘え



こんにちは、にゃんこです。

先日、お風呂上りに、娘の体に保湿剤を付けていた時、
ふいに娘が「〇〇(娘の名前)、おとなになったら赤ちゃんうむ」
と言い出しました。

そして「ママみたいに怒りん坊ママになるね。うひひ」
といたずらっぽく笑いました。

その言葉も、娘の表情も面白かったのですが、
その一言で「ああ、この子は全部わかってるんだ」
と思いました。

私がいつもイライラして怒ってばかりなのも、
私が娘を怒っても、それを娘が許してくれると思っていることも。

つまり、私は小さな子にずっと甘えてきたのです。

私の友人が以前「子どもに怒るって、子どもに甘えてるんだよね」
と言っていたので、その意味がやっと分かりました。

なんてことをしてきたんだろう、こんな小さな子に、
と寝顔を見ながら涙が止まりませんでした。

ごめんね、ごめんね、と言うしかありませんでした。

ちゃんと甘えられる、受け止められるお母さんになれるよう、頑張るね。


IMG_5489.JPG


今後ともドンマイを宜しくお願いします。




ハンドメイド部バナーおくすり手帳カバー


゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*゜*。,。*。,。*゜

株式会社 精神医療相談室ドンマイ
ホームページ
Twitter
ブログトップ
Dr.川谷ブログ
おくすり手帳カバーのドンマイ
ハンドメイドマーケット minne(maimai-owl'S GALLERY)
posted by どんまい at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ドンマイに入所して1年半が経ちました。
その間楽しいこと辛いことなど色々体験をさせていただきました。仕事の取り組み方に関してはずいぶん回復してきましたが人間関係にまだまだ思うように進めず悩んでる日々です。
昨年仕事でリーダー的な立ち位置として取り組ませていただきました。結果としてはお客様に喜ばれ自分自身の存在を確立することが出来ました。が、一緒に働いたメンバーの感想は賛否両論。中には僕が居なかったらあれだけの仕事量はこなせなかったよと言ってくれその言葉に満足し、つい自惚れてしまいました。でも振り替えってみると僕一人でやったわけではなくメンバーの人達の協力があったからこそ達成出来たわけで、仕事をやってる間はとにかく仕事をこなさないとという気持ちに必死でメンバーの個々の体調も十分に考えずかなり傲慢な態度をとってしまいました。それについては反省するべき事柄でした。今になって思うと本当に申し訳なく自暴自棄に陥ってしまいました。でも自分自身のスキルをあげる上ではかなり勉強になったとも思います。今年はそれをふまえてもっと相手の立場にたって自分自身やるべきことを頑張っていきたいと思います。幸いスタッフの方々が理解のある人なので僕の横着な態度にも優しく受け止めてくれて笑顔で接してくれてます。ついそれに甘えてしまって暴走することも多々ありますが。とにかく今年は満足のいく結果を出せたと思えるような1年にするために切磋琢磨し努力をしていきたいと思います。
Posted by 久積剛敏 at 2019年01月20日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185147992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック